痛みはメッセージ ~からだの声~



痛み、違和感から教わること



重たいものを持ったら腰が痛くなった


立ち上がるときに膝が痛い


腕が上がらなくなってしまった


下を向いていたら首が痛くなった


などなど


日常生活をおくる中で起こること




なぜ、そうなるの?


・・・?



体の使い方に注目してみよう。



一例

腰(腰椎5)は、あまり曲げたり反ったりが得意ではありません。

膝を伸ばした状態で、腰を丸めて重たい物を持つと、爆発!!itatatata


ではどうすれば良いのか。

膝を曲げ、股関節から折りたたんで腰を守り、足、脚、お腹、お尻、背中・・・、

ぜんし~んを使って重たい物を持ち上げる。


そう全身を使うのです。


立ち上がるときも、足に力を入れて、頭のてっぺんまでの全身を使って立ち上がる。


棚上の物を取る時も、手先や腕だけでなく、背中を使い、足のつま先から頭のてっぺんまで全身を使う。





最初は上手くいかないかもしれないけど、赤ちゃんと一緒で反復動作を繰り返すことで身に付き、ふと瞬間から何も考えずできるようになる。


痛みや違和感には要因があることが多く、慢性化する前にケアできることはして

自分の体を自分で守り、コントロールして楽しい人生を送りたいですね。




生涯、現役






私は体の使い方がうまい方ではありませんでした。

運動は苦手、スポーツセンスもなし、体はずっと硬かったです。

痛みを経験する中で、体の使い方を覚え、意識し、習慣化することで

今が一番運動をして、柔軟性も出てきました。

体の使い方は学校では教えてくれなかったけど、日常の中で習得すること

はできます。

是非、ご自身の体に意識を向けてみてください。

体は何かしら答えを返してくれると思います。

素敵な日々をお過ごしください。


TAMAMI















お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。

© 2015

Refiの HPは

reedfield株式会社に

よって作成されました。

050-5876-0353

Tel