top of page

ブログ記事

スタジオRefi厳選!雑貨販売のお知らせ

ご覧いただきまして、ありがとうございます。


スタジオRefiでは、ピラティスの効果をあげるために、身体が喜ぶ雑貨も販売しております。


『履くだけで体幹が安定する靴下』や『リラックスボール』、そして今回仲間入り

した雑貨が海外セレブにも人気!無添加・高品質ピュア100%『羊の毛のクリーム』です。


パッケージが可愛い!

ラノリアモイスチェークリーム(LANOLIA Moisture Cream)

3,850円(税込)






◇羊のクリームとは?

羊の毛に付着している羊毛脂「ラノリン」という成分で、100%ナチュラルな自然保護被膜の

オーガニックな天然素材から作られるものです。


環境にもやさしく、化粧品の原料としてオーストラリアやニュージーランドでは100年以上も前から使用されてるとっても優れた保護剤です。

もともとラノリンは、羊の毛と表皮を乾燥した気候から守るためにあるので

水と油のバランスを保つ力が優れているため乾燥肌の救世主とも言われています。

コレステロールや分岐脂肪酸などヒトの表皮脂質に似た成分が多く含まれていて

肌の弱い方でも安全に使用できます。

リップや目元、ヘアやかかとのケアなど、あらゆる場所に使えてバランスのとれた極潤肌に導きます。

◇ラノリンここがスゴイ!

・浸透力が非常に優れている。

つけてすぐはコッテリベタベタしてますがすぐに浸透します。

・吸収力が高く潤い効果が抜群。

かかとやリップにつけるとしっとり潤いプルプルになります。

・人に近い成分なので肌に馴染みやすい。

肌馴染みが良いってそういうことねとわかります。

とっても使いやすくて肌の弱い方も安心です。

◇効果

美肌効果が抜群!

ラノリンは肌から水分が逃げるのを防いでくれるので、お肌に潤いを与えてキメを整え乾燥を防いでくれます。

お肌がモチモチに!

ラノリンには乳化作用があり、皮膚の表面に天然の皮脂膜を作る事で、乾燥や紫外線からお肌を守って、しっとりお肌を保ちます。

お肌の角質層の水分量を増やすだけでなく、柔軟作用もあって、お肌を柔らかくするので、赤ちゃんのようなモチモチ肌が手に入ります。

潤い効果が抜群なので、小じわ対策にも効果的です。

髪のキューティクルを保護!

パサつく髪が気になる方にも◎

髪を柔らかくして、潤いのあるしなやかな美しい髪になります。

羊から採れた天然保湿成分”ラノリン” は美肌スキンケアに最高です!!


100%ラノリンは無添加です

化粧品によく入ってるこれらは入っていません。

・ミネラルオイル (鉱油)

・パラベン

・石油系原料

・PEGs

・ラウリル硫酸ナトリウム(SLS&SLES)

※赤ちゃんが口に入っても大丈夫だし、ペットがなめても問題ないです。

◇おすすめな使い方

ひどい唇の乾燥や荒れ、縦シワに

小シワが気になる部分にも塗ってみてください。

妊娠中の妊娠線のケア、授乳で傷ついた乳首のケア

赤ちゃんがなめても大丈夫です、出産祝いにも喜ばれています。

鼻を噛みすぎてなる鼻下の皮むけに

鼻炎の方、花粉症の方、鼻下のカピカピ対策にどうぞ。

爪がよく割れる、キューティクルのケア

指先がめちゃくちゃ整います。

靴擦れ、かかとのすごいひび割れ

ちょっと厚めに塗って靴下をしばらく履いてるとびっくりするくらい潤います。

これからサンダルの時期になるのでおすすめです。

ヘアオイル代わりに

敏感な方は髪につけたオイルが顔につくことで荒れる原因になったりしますが、そんな方も安心です。


ワンやニャンの肉球ケアに

無添加でない市販のクリームをワンちゃんネコちゃんが舐めたら大変ですが、安心です。

他にも革製品のケアにも最高です。

◇製品の特長
天然成分100パーセントだから温度によって硬さが変わります!
冬はかなり硬くなり、夏はかなりゆるくなります。

色は真っ白からややクリーム色まで、羊の毛の色も個体差があります。

製品にするときに漂白もかけていないので少し色味のあるものもありますが、品質は変わりません。

個体差があったり、温度変化があるのも天然100%だからこそ、それでも良いもの使いたいなという方にはとってもおすすめです。

※ラノリンにも実はグレードがあって品質の低いものもあります。

こちらのラノリンは精製度がとても高く、最高グレードで品質も保証されているのでご安心ください。


ご自分のため、プレゼント用に是非どうぞ~



ご購入はスタジオ販売または、郵送(送料別)にて承ります。


お問い合わせフォームにて、羊のクリーム希望とご記入ください。

追って詳細をご連絡いたします。






 





Comments


bottom of page