マシンピラティスの効果

はじめに、ピラティスとは?


1920年代にジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏により、リハビリを目的として考案されたメソッドです。

このメソッドは、コントロロジー(コントロール学)とも呼ばれ、「体と心、精神の完全な調和を目指すこと」と、ピラティス氏は伝えています。


コントロロジー(コントロール学)では、身体を改善するには筋肉だけでなく、心身を一つとして捉えています。

骨、関節、筋肉・靭帯、下肢・上肢、臓器、内分泌器官の機能、精神(心)まで、意志をもって本来あるべき姿へと高めていく自然治癒の力が人間には備わっていると考えられます。


人生100歳とも言われる中で、健全で過ごすには自分で自分の体と心の調和をコントロールすることが必要なのではないでしょうか。



本題のマシンピラティスとは?


マシンピラティスの始まりは、ピラティス氏が負傷兵のリハビリを目的にベッドを改造した専用マシンのことで、その上でエクササイズを行ったと伝えられています。


マシンピラティスにはスプリング(バネ)やストラップ等があり、自重でバランスを取ることが難しい場合の手助けをしてくれたり、負荷をかけることで働きづらかった関節や筋肉が力を発揮しやすくなります。


筋力に自信のない方のサポートや痛みの原因となる動作の改善や可動域の向上に繋がります。

マットピラティスと同時に進めていただくことで、ご自身で行うトレーニングのパフォーマンスの向上にも効果があります。














◇お客様の様の声

・使っている筋肉が分かり易かったです。M様(40代)

・今まで伸びずらかったところが伸びました。N様(50代)

・マシンと聞くとキツイ筋トレかと思いましたが、レッスン後の体はとても気持ち良かったです。A様(60代)

・マット運動で苦手だった動きが、マシンのサポートがあるのでスムーズに動くことができました。E様(30代)


ご感想ありがとうございました。

マシンを使うことで、マットの良さが分ったり、反対もあり相乗効果もありますね。

プライベート、セミプライベートレッスンでは、両方の組み合わせも可能です。


体験レッスン受付中です。


最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。



お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。